今年は令和何年なのか? 

雑学

2021年現在、今年は令和3年になります。

元号である令和は2019年の5月から始まり、その年の12月までを令和元年とし、2020年1月から令和2年、2021年1月には令和3年というように年を重ねていきます。

個人的には令和になってもう3年目なのかという、早く時間が進んでいるように感じます。令和になってからはコロナの影響で世界情勢が目まぐるしく変わり、その間に「令和」の文字を掲げた菅首相も就任したかと思えば退任し、東京オリンピックもいつのまにか終わってしまいました。

令和になったいきさつ

平成も31年まで続きましたが、本来は天皇陛下が崩御するのと共に元号が変わるものの、現在の上皇陛下が生前退位することを申し出たことがきっかけで2019年4月で平成は終わりをつげ、有識者達の会議でどういった元号にするかを話し合い、「令和」という元号になりました。その時に官房長官だった菅義偉が後の総理大臣になりました。

令和になってからの主な出来事

今までならば天皇陛下崩御という悲しい状況から元号が変わるというものが、生前退位という形での平成から令和への移り変わりだったため、当時は普通に年末年始を迎えるようなかたちで和やかなお祝いムードでしたが翌年から新型コロナの影響で世間のムードが暗くなっていきました。詳細が解明されていない謎のウイルスのため感染を防ぐためのマスクの品薄や高騰、店舗の時短営業による倒産や失業、東京オリンピック開催に対する是非がうたわれ、人々の生活がくるしくなっていった。そのようなイメージで令和のはじめのできごとは捉えられていきます。今後この世の中がどうなっていくかを眺めていきこのページのこの欄で記録していきたいと思います。

 

令和元年に生まれた人は何歳?

2019年に生まれた新生児は平成生まれの人と令和生まれの人が混在することになります。2019年5月1日生まれの人を基準にすると現在は2歳ということになります。まだヨチヨチ歩きでしゃべれるかどうかもわからないような年齢ですがこの頃に子育てをしている親御様方はコロナの影響もあって大変なのではないかと思いますし、子供たちについても感染予防対策もあるため他の年代の子供とはまた違った生き方を経験しているはずです。

コメント

タイトルとURLをコピーしました